iPhoneが水没したとき、この対処はNG!

trswqr
iPhoneのトラブルで意外に多いのが、お風呂場やトイレ、雨天時やペットボトルがこぼれたなどの「水濡れ」が原因の内容です。スマホ自体が精密機械なため、水などの液体がかかってしまうと、一部から全体に影響を及ぼしてしまいます。
「そうは言っても、アクシデントは付き物」と言う人も多いでしょう。
実際にiPhoneが水濡れしてしまうと、パニックを起こしてしまうものですが、実はその後が勝負どころ!水没したとき、「絶対にやってはいけないこと」をご紹介していきます。

濡れたiPhoneにやりがちですが、実はNGな対処法

混乱したユーザーがよくやりがちなのが、水没したスマホの電源を入れてしまうこと。
実は水濡れしたときの一番の敵は、通電させてしまうことと言えます。
つまり、電源をオンにしたり、ACアダプタやPCにつないだりして充電しようとすることは、基本的にはNGな行為なのです。
たとえ操作自体ができたとしても、iPhone内部の金属は水に濡れている部分もあります。
金属は水分に触れると、サビなどの腐食が進んでしまいますが、これは通電行為をすることで進行してしまうので、電源を入れることはあまりオススメしません。

<水没スマホのNG対処法>

  1. 水分を飛ばそうと、iPhone本体を振る
    端末を振ってしまうと、内部で水が浸水していないスペースにも水分が移動してしまう恐れがあります。二次災害を防ぐためにも、振る行為はストップ!
  2. 慌てた状態でカバーを外し、タオルなどで水分を拭き取る
    あくまで「優しく拭き取る」ことが大切です。拭き取る順番としては、本体→充電コネクタ→イヤホンジャック→マイク→スピーカーの順がオススメです。
    ネット上や口コミでは、多くの対処法が紹介されていますが、やはり一番良いのは修理やサポートに依頼すること。きちんと直すには、内部までしっかりチェックが必要です。
    買ったばかりのiPhoneを、水没という形で失ってしまう人も多いでしょう。
    残念ながらiPhoneは、防水面があまり強くない一面を持っています。防水カバーやストラップを付けるなどして、どんなに大切に扱っていたとしても「うっかり・・・」のような事故は起きてしまうこともあります。

購入当初でチェックしておく!iPhone水没の事態でも慌てず対処

水の中に落としてしまったとき、携帯機能のすべてが失われると思っている人もいますが、実は必ずしもそうではありません。間違って水没させてしまったときでも、その後の対処法によっては、機能を失うことなく完全に蘇生させることも可能です!

<iPhoneを水没させてしまったときの緊急処置>

  1. 電源を落とす
    既に電源が切れている場合はそのままで、絶対に電源をONにしないことが大切です。
    どうしても電源が落とせないときは、「電源ボタン」と「ホームボタン」の同時押しで強制終了しましょう。
  2. 携帯カバー・バンパーを外す
    早急にすべきことは、iPhoneについた水分を拭き取ること。そのときに障害となるカバーなどはゆっくり取り外し、本体についた水分を除きましょう。
  3. SIMカードを抜き取り、ティッシュで優しくくるむ
    購入時に付属していたSIMカードを抜き取り、水分を拭き取って保管しておきます。
  4. イヤホンを挿す端子部分の水分を、ティッシュで吸い取る
    iPhone内部にこれ以上水が入るのを防止するために、ティッシュの先を細く丸めて水分を吸わせます。イヤホンジャックやコネクタ部分などは、絶対に欠かせない箇所です。

qweukyf
大まかに4項目挙げましたが、iPhoneは「できるだけ早い対処法」がポイント!
また、水没後のiPhoneを振ってしまうこともNGです。極力内部の水を浸透させず、スピーディーに対処することで機能を失わずに済むでしょう。
短時間でこの4点だけでも行動できるよう、あらかじめ覚えておくことをオススメします。
買ったばかりのiPhoneを、水没という形で失ってしまう人も多いでしょう。
残念ながらiPhoneは、防水面があまり強くない一面を持っています。防水カバーやストラップを付けるなどして、どんなに大切に扱っていたとしても「うっかり・・・」のような事故は起きてしまうこともあります。
iPhone修理について

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報